ビットコイン(Bitcoin)とは?特徴と評判・おすすめの取引所

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

ビットコイン(Bitcoin)とは?特徴と評判・おすすめの取引所

 

ビットコイン,bitcoin,特徴,評判,取引所

 

こんにちは、Fカップ女子高生のユイ(@crypto_yui)です♪

 

仮想通貨の代名詞、それがビットコインです。

 

実はビットコイン以外にも仮想通貨は1000種類以上あります。

 

どの取引所でもビットコインを基軸通貨として扱っていますので、
そもそもビットコインはどんな特徴があるのか?
評判や買うときにおすすめの取引所をお伝えします。

 

 

ビットコインとは?

 

 

ビットコインの発行数量はあらかじめ決められている

 

円やドル、ユーロなどの法定通貨には発行上限がありません。

 

一方、ビットコインの発行量は2100万枚と決められています。

 

それ以上、発行されることはないため、だれかが発行量をコントロールすることはできないのです。

 

発行上限が変わらないため、原理上、インフレしません。

 

発行量が無制限に増えると、お金そのものの価値が下落してしまいますが、その心配がないわけですね。

 

現在1200万枚が発行されており、4年ごとに発行数が減っていき、2140年頃に2100万枚に達します。

 

 

いつでも・どこでも・だれでも・瞬時に安く送金できる

 

ビットコインは国や地域が発行する通貨ではないため、好きなときに送金することができます。

 

日本の銀行では、海外への送金が遅く、費用も数千円かかります。

 

ですが、ビットコインならそれよりもはやく、安く送金できるわけです。

 

 

取引がすべて公開されている

 

ビットコインの送金・受取・保有数はすべてデータに残ります。

 

偽造・改ざんなどの不正をされることがむずかしいわけです。

 

 

 

Bitcoin(ビットコイン)は送金手数料が安い?

 

ビットコイン,bitcoin,特徴,評判,取引所

 

Bitcoinはほかの仮想通貨と比べると送金手数料が高いです。

 

例えば、1BTC=200万円だとすると、送金するたびに2,000円かかります。

 

Bitcoinについで生まれたイーサリアムやリップルなど、
新しく生まれた仮想通貨のほうが手数料が安いのが現状です。

 

イーサリアムなら、1ETH=15万円だとすると、1回の送金につき1,500円

 

リップルなら、1XRP=200円だとすると、たったの20円です。

 

相場は常に動いていますので、この金額よりも高くなったり
安くなったりすることはありますが、リップルなら
ざっと100倍も安く送金できてしまうわけですね。

 

それを知っている投資家は、ほかの取引所へ仮想通貨を移動させたいときに、
BTCではなくわざわざリップルを買って送金する人もいるくらいです。

 

 

 

Bitcoin(ビットコイン)は送金がはやい?

 

ビットコイン,bitcoin,特徴,評判,取引所

 

Bitcoinはほかの仮想通貨と比べると送金も遅いです。

 

例えば、ビットコインであれば、1回送金するのに数時間〜1日かかるときもあります。

 

これではほかの取引所で自分が買いたい通貨があったとしても、
着金するまでの間に値上がりして買うタイミングを逃してしまいかねません。

 

Bitcoinの送金速度をはやめる方法は、まだ確立されていません。

 

例えば、イーサリアムで送金する場合は、「2分以上」かかります。

 

リップルの場合、たったの「4秒」で着金するといわれています。

 

 

ビットコイン,bitcoin,特徴,評判,取引所

 

出所:https://ripple.com/

 

 

こちらもBitcoinではなくほかの通貨を使ってほかの取引所へ仮想通貨を移動する理由です。

 

 

 

Bitcoin(ビットコイン)は決済手段として使えるの?

 

ビットコイン,bitcoin,特徴,評判,取引所

 

Bitcoinはリアルの世界で決済手段として使えます。

 

大手の旅行会社HISさんや、大手ショッピングモールのマルイ
電化製品を扱っているビックカメラなどでもすでにお会計ができる状態です。

 

「送金が遅いのに決済は手間取らないの?」と疑問をもたれるかもしれません。
実際は、お店が提示したバーコードにスマホをかざすだけで、一瞬でお会計が完了します。

 

気づいたらお会計が終わっているので、お金を支払った感覚がなくてびっくりしますよ。

 

ただ、そのときの送金手数料はやはり1BTC=200万円なら2,000円ほどかかってしまいます。

 

今後はBitcoin以外の仮想通貨での決済も増えていきますので、
送金手数料が安い通貨を使うとよいですね。

 

 

 

ビットコインを買うならbitFllyer

 

まずは日本円でビットコインを買うのが一般的です。

 

国内取引所ならどこでも日本円でビットコインを買うことができます。

 

国内ではCoincheckやZaifも有名ですが、ユイは「bitFlyer」をおすすめします。

 

実は、bitFlyerは海外の取引所Coinbaseと並んで、世界で最もセキュリティが強い取引所なんです。

 

 

ビットコイン,bitcoin,特徴,評判,取引所

 

引用元:https://blog.sqreen.io/cryptocurrency-exchanges-security/

 

 

ハッキングに遭ってお金を盗まれてしまう危険性が1番低いといっても過言ではありません。

 

もしbitFlyerがハッキングに遭うようなことがあれば、
ほかのどの取引所でも盗まれてしまう可能性が高いともいえます。

 

ハッキングにあうと、いくら含み益が大きくても一気に資産を失ってしまいます。

 

取引所で安全にビットコインを管理したいのであれば、「bitFlyer」で買うのが賢明ですね。

仮想通貨投資は最低3つの取引所に登録してリスク分散しましょう!


仮想通貨を一つの取引所にあずけるのは危険です。
最低3つの取引所に分散して管理することをおすすめします。

・仮想通貨を安全・安心に保有するなら→セキュリティ世界最強の「bitFlyer」

・仮想通貨の銘柄数で選ぶなら→国内一の銘柄数を誇る「Coincheck」

・いますぐ取引をはじめるなら→本人確認なしの「Binance」

国内外取引所ランキング比較 コインチェックの口座開設・登録 ビットフライヤーの口座開設・登録 ザイフの口座開設・登録