リスク(LISK)とは?特徴と将来性・評判・おすすめの取引所

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

リスク(LISK)とは?特徴と将来性・評判・おすすめの取引所

 

リスク,LISK,特徴,将来性,評判,おすすめ,取引所

 

こんにちは、Fカップ女子高生のユイ(@crypto_yui)です♪

 

「リスク(LISK)ってなんか危険なニオイがする」

 

これがみなさんの第一印象かと思います(笑)

 

でも、”危険”を意味するのは「Risk」で、「Lisk」は”簡単”という意味なんです。

 

今から、リスクの特徴や将来性、評判、買うのにおすすめの取引所をご紹介します。

 

 

 

リスク(LISK)とは?5つの特徴と将来性

 

リスクは将来性が期待できる通貨のひとつです。

 

注目すべき点は5つあります。

 

 

発行枚数は無限!

 

ほとんどの仮想通貨では発行枚数が決められています。

 

これによりインフレするのを抑えられます。

 

ではLISKは無限に発行できてしまうから通貨の価値が低いのではないかと思われるかもしれません。

 

でも、実はちゃんと少しずつ段階的に通貨を発行すると決められているため、インフレは起きない仕様になっているんです。

 

 

スマートコントラクト

 

リスクはイーサリアムと同じくスマートコントラクトを実装しています。

 

取引記録だけでなく契約内容までブロックチェーン上に記録され、偽造・改ざんがしにくいわけです。

 

 

サイドチェーン

 

リスクではメインチェーンのほかにサイドチェーンがあります。

 

これのなにがいいかというと、例えばイーサリアムではメインチェーンという連続した台帳に記録しています。

 

しかし、過去にハッキング被害(DAO事件)にあって、取引内容を書き換えられない出来事がありました。
その結果、イーサリアムクラシックという通貨へ分岐せざるをえなくなりました。

 

リスクではサイドチェーンがあるため、万が一ハッキング被害にあったとしても、取引内容を書き換えることができます。
分岐することなく保有し続けることができるわけです。

 

 

Javascriptで開発可能

 

リスクではJavascriptというプログラミング言語でいろんな開発に応用ができます。

 

エンジニアにとって昔からおなじみの言語なので、使い勝手がいいんです。

 

技術者にとって好まれやすいため、リスクを使った開発が今後どんどん進められていく可能性が高いといえます。

 

 

Voting(ヴォ―ティング)で月利0.9%得られる!?

 

リスクには「Lisk nano wallet」という専用のウォレット(お財布)があります。

 

リスク,LISK,特徴,将来性,評判,おすすめ,取引所

 

 

その中でマイニング(採掘)をする101人に投票をすると、保有分に応じて定期的にLiskが報酬として自動的に付与されます。

 

リスク,LISK,特徴,将来性,評判,おすすめ,取引所

 

 

Liskの値段が安いうちにたくさん買っておくと、将来的にLiskの値段が上がったときに、その報酬だけで暮らしていける方もでてくるでしょう。

 

保有しているだけで報酬がもらえてしまうので、Liskをガチホしている人にとってはかなり”おいしい”機能になりますね。

 

 

 

リスク(LISK)の口コミ・評判

 


どんな基準で格付けされているのか不明確なのでユイはあまり参考にしていません。
ただ、自分が推している仮想通貨のランクが高いとやっぱりうれしいものですね^^

 

 


2018年2月現在、LISKはまだまだイベントが待ち構えています。
1LISK=3,000円くらいですが、いつ10倍の30,000円になってもおかしくないといわれています。

 

 

Liskは、コアアップデートやリブランディング、SDK配布などいろんなイベントが目白押しです。

 

ただ、過去に何度もイベントが延期されたことがあります。
開発は着実と実行に移されていきますが、今後もスケジュールどおりにいかない可能性は否定できません。

 

とはいえ、日程が遅れても開発は継続しています。

 

最近では世界一セキュリティが強力な国内大手取引所bitFlyerに上場したこともあり、かなり信頼性の高い通貨だとユイは思っています。

 

LISKの情報を追うなら、LISKに詳しいMukku(@mukku_sun)さんのツイートを参考にすることをおすすめします。

 

 

 

リスク(LISK)を買うおすすめの取引所はBinance

 

リスク,LISK,特徴,将来性,評判,おすすめ,取引所

 

LISKを買うなら「Binance」がおすすめです。

 

国内では販売所でしか買えませんので、手数料が割高です。

 

Binanceでは取引所からLiskを買えます。
手数料も半額キャンペーン中なので安く手に入れられます。

 

まずはbitFlyerやZaif、Coincheckなどでビットコインを買い、Binanceに送金してLiskを購入するといいですね。

 

どうしても日本円でLISKを買いたい場合は、手数料は割高ですが、「bitFlyer」で買うことができます。

仮想通貨投資は最低3つの取引所に登録してリスク分散しましょう!


仮想通貨を一つの取引所にあずけるのは危険です。
最低3つの取引所に分散して管理することをおすすめします。

・仮想通貨を安全・安心に保有するなら→セキュリティ世界最強の「bitFlyer」

・仮想通貨の銘柄数で選ぶなら→国内一の銘柄数を誇る「Coincheck」

・いますぐ取引をはじめるなら→本人確認なしの「Binance」

国内外取引所ランキング比較 コインチェックの口座開設・登録 ビットフライヤーの口座開設・登録 ザイフの口座開設・登録