ネム(XEM/NEM)とは?特徴と将来性・評判・おすすめの取引所

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

ネム(XEM/NEM)とは?特徴と将来性・評判・おすすめの取引所

 

ネム,XEM,NEM,特徴,将来性,評判,取引所

 

こんにちは、Fカップ女子高生のユイ(@crypto_yui)です♪

 

 

ネムは取引の不正や改ざんが起きにくいシステムにあります。

 

「スマートコントラクト」の実装や独自トークン(通貨)の発行など、応用範囲が広いです。

 

大きな特徴は、「プルーフ・オブ・インポータンス(Proof-of-importance)」というアルゴリズムを採用していることです。

 

ビットコインの「PoW(プルーフ・オブ・ワーク)」やイーサリアムの「PoS(プルーフ・オブ・ステーク)」では、お金持ちがさらにお金持ちになる仕組みですが、ネムの「PoI(プルーフ・オブ・インポータンス)」はユーザーの重要度によって報酬が分配されます。

 

 

重要度は、「ネム(XEM)の保有数」「取引の頻度」が指標です。

 

XEMはすでに上限の90億枚が発行されているため、報酬は取引手数料で支払われます。これをハーべスティングといいます。

 

 

国内取引所Zaifを運営するテックビューロ社は、NEMテクノロジーと同じAPIという技術を使って「mijin」というプライベートブロックチェーンを開発しました。「mijin」を使うことで金融機関のコスト削減をはかります。

 

テックビューロ社とNEMのコアデベロッパーが「カタバルト」というプロジェクトを共同開発しています。「mijin」の改良版とされ、処理速度が非常に高速になります。「カタパルト」が完成したら、採用する企業がでてきて相場に好影響を与えることが考えられますね。

 

 

ネム(XEM/NEM)のハーベスティングをする条件とは?

 

NEMのハーベスティングには、NanoWalletというウォレットに10,000XEM以上の保有が必要です。

 

優先的に報酬を分配してもらうには3つの条件があります。

 

  • 1000XEM以上を送金する取引
  • 30日以内(43,200ブロック以内)の取引
  • ハーベスティング可能なユーザーから受け取る取引

 

一定の量を、一定の期間内に取引することで重要度が上がるわけですね。

 

ただ、同じアカウント間で取引を繰り返しても、重要度が上がらない仕様になっていますので注意が必要です。

 

 

ネム(XEM/NEM)の口コミ・評判

 


ネムを決済に使えるお店が増えています。
ハーベスティングをするなら重要度を上げるために活用するといいですね。

 

 


ネム決済ができる「NEM bar」が渋谷にあります。
一度足を運んでみるのもおもしろいかもしれないですね。私も近々行く予定です。

 

 

ネム(XEM/NEM)はどこの取引所で購入できる?

 

NEMの取り扱いがある国内外の仮想通貨取引所は下記のとおりです。

 

・Zaif(ザイフ)

 

・Coincheck(コインチェック)

 

・Poloniex(ポロニエックス)

 

・Bittrex(ビットレックス)

 

・HitBTC(ヒットビーティーシー)

 

・Bitfinex(ビットフィネックス)

 

 

ネム(XEM/NEM)を安く買うのにお勧めの取引所

 

通貨,多い,仮想通貨,取引所,ランキング,ザイフ,Zaif

 

仮想通貨投資をはじめるには、まず国内の取引所に預けなければなりません。

 

そこで、Zaifがおすすめです。

 

国内では販売所形式の取引所が多いなか、Zaifでは取引所形式で購入することができ、手数料が安いからです。

 

万が一ハッキング被害にあっても、不正に仮想通貨を出金されないように出金制限を設定することもできるので安心ですね。

 

 

仮想通貨,取引所,おすすめ,人気.比較,ランキング,ザイフ,zaif

仮想通貨投資は最低3つの取引所に登録してリスク分散しましょう!


仮想通貨を一つの取引所にあずけるのは危険です。
最低3つの取引所に分散して管理することをおすすめします。

・仮想通貨を安全・安心に保有するなら→セキュリティ世界最強の「bitFlyer」

・仮想通貨の銘柄数で選ぶなら→国内一の銘柄数を誇る「Coincheck」

・いますぐ取引をはじめるなら→本人確認なしの「Binance」

国内外取引所ランキング比較 コインチェックの口座開設・登録 ビットフライヤーの口座開設・登録 ザイフの口座開設・登録